管理している

キスト 進化

スケジュール管理ソフト、勤怠管理ソフトは今や企業にとって欠かせないシステムになりつつあります。
パソコン上で管理することで、データも豊富に管理することができ、これまで大変だった集計作業も短時間で済ませる事が出来ます。

このスケジュール管理ソフト、勤怠管理ソフトはパソコン上で操作するというのが主流でしたが、近年から携帯からでも管理することが出来るようになっています。
現在ではスマートフォン、携帯電話からでも勤怠を報告することができるので、社員はいつでもどこからでもデータを送ることができ、管理業務の迅速化に繋がっていきます。

このスマートフォン、携帯電話からの勤怠報告は主に派遣会社、警備会社、運送業、現場作業員、営業などの業界でよく利用されています。
特に多く利用されているのは営業マンです。営業マンは日々自社との契約を取るために何件も営業先を回っていきます。
以前までは、何件も営業先を回った後に、会社にわざわざ戻り、退勤カードを押して勤怠を管理していました。しかし、現在ではスマートフォンや携帯電話からでも退勤を報告することが出来るので、営業先からわざわざ会社に戻る必要もなく、勤怠を管理することが出来ます。
また、会社に戻る時間を省けば、より営業先を回る事が出来るので、契約が取れる可能性が高くなります。

このスマートフォン、携帯電話からでも勤怠管理ができるソフトを利用するには、まずサービスを行っている会社のホームページにて申し込みを行います。
申し込みの際は、ソフトについてのご利用契約をよく確認してから申し込んでいきます。
申し込みが完了したら、お試し期間というものが設定されているので、一定の期間だけ無料で利用することが出来ます。
このお試し期間で、対象のソフトの利便性や効果を感じていき、ソフトの内容に納得できたら、本申し込みを行って、ご利用開始となります。

スケジュール

キスト 機能

勤怠管理ソフト、スケジュール管理ソフトでは様々な便利機能が付いています。
その機能のどれもが、仕事を円滑に勧めてくれる内容になっており、様々なメリットが得られます。
ここでは、勤怠管理ソフト、スケジュール管理ソフトそれぞれの機能について詳しくご紹介していきます。

■勤怠管理ソフト
勤怠管理ソフトの種類によって取り付けられている機能は異なりますが、一般的な機能を紹介していきます。
まず機能として取り付けられているのが、「区分登録」になります。この区分登録とは、社員それぞれの役職、所属を分けて勤怠を管理することが出来るシステムです。
この機能によって、どの役職の人が休んでいるのか、出勤しているのかを瞬時に確認することが出来ます。また、日々の勤怠管理データとしても利用することが出来ます。
次に取り付けられている機能となるのが、「事由登録」です。この事由登録とは、会社を欠席している事由を登録できる機能です。
事由登録で記載された内容によって、なぜ会社に出勤していないかを明確にすることが出来ます。事由の例としては「営業先へそのまま直行するため」、「営業先へ向かいそのまま帰宅する」、「出張が決まったため」などなどの理由を事由登録に登録していき、スケジュールを共有させていきます。
最後に紹介する機能は「勤務区分登録」です。
勤務区分登録は、それぞれの会社で定められている残業時間であったり、休憩時間、就業時間などを設定させるといった機能です。
この勤務区分登録によって、勤務シフトが多い会社でも、簡単に管理することが出来ます。勤務区分登録では勤務種別で登録できるようになっており、勤務形態に合わせて就業時間の管理をすることが出来ます。

■スケジュール管理ソフト
スケジュール管理ソフトも、ソフト毎に機能は異なります。機能は様々ありますが、ここでは一部ご紹介していきます。
スケジュール管理ソフトの代表的な機能として挙げられるのが、「アラーム機能」ですが、その他にも「通知機能」という便利な機能も付いています。
通知機能は、ミーティングや打ち合わせなどのスケジュールを設定する際、出席予定者の名前を選択するだけで、出席者にスケジュールの通知を送ることが出来るという機能です。
該当の出席者はパソコン上のポップアップウィンドウで知らせを受けます。
この通知機能が付いている事で、一度に複数の人間にスケジュールを共有することができ、素早く情報を届ける事が出来ます。