強引にピアス穴をあけるのはやめましょう

メーカーや原材料により違ってはくるわけですが、市販されたピアスのプライス幅はおおよそ数百円から2、3000円程度で買えるはずです。それではピアス孔を開ける値段について見てみれば、ピアスの値段も含めて5000円から10000円くらいに設定されているようです。部位によってけっこう値段も変化してきますので、調査してみたほうがよいでしょう。
店頭で提供されているピアスに使われている素材は、ほとんどがメッキやいくつかの素材を混合したものを使っているそうです。値札に「GP」と記されていれば、まずメッキ製と考えてもらって大丈夫です。アレルギーがある方は、チタンやサージカルステンレス、または医療用樹脂のようなものを用いたピアスを購入すると安心でしょう。
ピアスをオーダーで作成する際ですが、ちゃんとしている工房に頼めば本当にどんな外見のものであっても作ってくれるそうです。「○○のメーカーと同じデザインの製品を作って欲しい」と言っても、聞き入れてくれるそうです。自前の天然石を埋め込んでもらうといったようなこともできますので、ぜひ気軽に相談してみてください。
自分でピアスのホールを作る道具をピアッサーと言います。市販品ならどれだけでもあり、使い方もすごく簡単なので、自宅でもできます。しかし、一番に安全を考えるなら、病院の先生にお願いをした方がいいです。似ている器具を使って開けるのですが、やはり病院の方が安心できます。

お風呂場でピアスのホールを洗浄するときは、普通の固形せっけんの泡を耳にあててください。しっかりと穴が落ち着く前はこすってはいけません。ピアスが付いたままで構わないので、立てた泡だけを耳たぶの表側と裏面に少し乗せて放置してみましょう。それだけで立派な洗浄になります。欠かさず行ってください。
ファーストピアスの取り外し方でありますが、留め具を固くしているのでけっこう取れずやきもきする人がおられると聞きます。上手な方法としては、付けている側とは逆の手でスタッドの頭部分をぎゅっと持ち、もう一方の手の指で留め具を引っ張って取ります。キャッチが取れたら、あとはピアス孔と並行にしてスタッドを引き抜けば完了です。

ピアスのキャッチのキャッチとは、英語のcatchになります。何かの物体をキャッチする小道具を意味していますが、言葉通り耳たぶを貫いたピンの端っこを押さえる道具です。ピアスそのものが抜け落ちてしまわないようにピアスを押さえ付ける役割があるのです。素敵なキャッチも現在は出ているので遊び心を忘れずに購入してみましょう。
ピアスを自作したいと思ったとき、専門的な店舗にいけばピアスを構成する部材が別個に売られているので、活用するとよいと思います。金属にデザインをあしらえるような工具などもありますので、それならば完璧に独自の製品が製作できます。ピアス作りを開始してみますと、思いのほかハマるらしいですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *