自分だけのピアスを作りたい

ファッショナブルなデザインのピアスは、現在では本当に増えたと感じます。単純なリング型やチェーン型のみでなく、ユニークな形を成したものや、さまざまな模様が入れられたものなど、自分好みのアイテムが必ず見つかるというのは魅力的ですよね。お願いすればオーダーメイドの一品も手軽に制作できるので◎です。
ピアス製品は、昔から今日までまったく変わらずニーズの大きいアイテムなのはご存知の通りです。国内を見ても今では、多くの方が耳程度にはピアス穴を開けるようになっています。ピアスマニアと呼ばれる人たちは、耳たぶのみでなく鼻や唇、へそなど身体のいろいろな部位にピアスを付けていて、一見するとすごい状態になっている人たちも存在します。
『広辞苑』にも記述が載っていますが、ピアスとは耳に開けたホールに通して付ける装身具を一般的に言います。女性を中心にして愛用する人が多いですが、ちょっと前から男の人もピアスを装着するようになりました。ビジネスの現場ではさすがに男性のピアスは許されていませんが、女の人のピアスは社会の中でも全く問題ありません。
耳たぶに装飾するピアスが主流ですが、大昔のローマにあっては、男性が乳首にピアスを付けていたとの歴史も残っています。大昔のローマ人たちは半裸にマントを羽織るため、そのマントがずれてはだけないように乳首に付けたピアスの金具で固定していたようなのです。もとはファッションではなく、日用品だったのです。

女の人の場合なら装身具を付けても何ら変ではないので、オフィスでピアスをしていても許されます。女性の場合には、片耳だけだとかえって目立ってしまうので、むしろ公式の場面では両耳にピアスをした方が変になりません。むしろフォーマル感が増します。
日本だけで見ると、平均して高校生の時期からピアスを付ける方たちが多いと言われています。ファッションに目覚めるのもこのくらいの年代からでありますから、当たり前のことなのかもしれないですね。しかしながら、中には生きているうちに一度もピアスを付けることがない方もいらっしゃいます。わざわざ傷をしてまで入れたくないという意見があるみたいです。

最近は男の人もピアスを装着するようになってきました。とは言え会社員が仕事中に装着できるほどには認知はされていないのですが、会社の拘束がきつくない仕事の人は、大人になった男性であってもピアスを装着している場合があります。男性でピアスを身に付ける場合は、とてもシンプルなタイプがお勧めです。
男性でも女性でも、ピアスを付ける人からすれば、ピアスのギフトは嬉しいと思いますが、どうでしょうか?衣服や季節感に合わせる形でピアスをチェンジする人も多いため、ピアスがたくさんある方がいいのです。ピアスはその日1日体の一部に装着されるアクセサリーでもあるので、贈った人の思いも長時間残ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *